2008/04/26

聖火護送リレー

今日の長野聖火リレー、テレビのニュースで「聖火護送リレー」って言ってた。
確かに、まさにその通りなリレーでしたねー。

正直日本人はここまで、熱くならないというかはでな抗議やリレー妨害もないと思ってた。
にしても、不思議な聖火リレー・・・

ここんとこの中国問題とチベット問題。
中国もチベットも好きな人間としては複雑。
もちろん、チベットはあくまでもチベットだと思うけどね。
そう簡単じゃないんだよなぁ。

しかし、案外今回の問題が起こって初めて「へ~、チベットって中国にあるんだ~」なんて思った人っているんでは??
チベットの旗だって初めて目にした人もいっぱいいるだろうし。

なんにせよ、なにごともなく無事に北京五輪が開催されて終了してくれることを、祈るばかりです。
実は、その五輪が開催されてる期間中に、久々に中国に行く予定。
何年ぶりだろ?目的地は四川省だから北京には入らないと思うけどね。

写真は、ポタラで撮った1枚。
チベットの空って青いのです。
20080426

| | コメント (0)
|

2007/10/22

ポタラTシャツ

ちょっと前のことになりますが、チベットに行ってた友達がお土産をいろいろと買ってきてくれました。
その中のひとつ。ポタラ宮Tシャツ。
20071003

ポタラのデザインをミシン刺繍してあります。
ネパールでよくみかける、このミシン刺繍、チベットにも進出してるんだ、とちょっと驚き。

でも、もっと驚いたのがよーくみて気がついたこのタグ。
20071002

MADE IN TIBET そうきますか。すごいなぁ。チベットの観光文化。


| | コメント (2)
|

2006/02/02

活力門

「活力門」、日本では知らな人のいないとある会社は中国でこう書かれております。
そうです。「ライブドア」
中国語では「活力門」になっておりました。
活は中国語で生きるの意味。力はそのまま力。門はドアの意味。ということでそのまんまの訳なんだけど、なかなかナイスでないかい、と思ってたらこの訳に秘められたさらなるナイス!があったようなのです。
この「活力門」中国語で発音すると「ふぉりぃめん」といった風になります。
私はぜんぜん気がつかなかったんだけど、中国語の先生は「ホリエモン」に間違いない!と。
ふぉりぃめん、ほーりぃめん、ほーりえん、ほりえもん・・・
うーん、確かにこれはホリエモンにかけたな、という気がしてきました。
訳した人、真実を教えてちょーだいっ!

今日の写真は、眠たいくー。

20060202

| | コメント (0)
|

2004/12/29

冬ソナな日々です

療養生活27日目

世の中年末です。「よ」も今日から休みに入ってるので、我が家は散歩に行けないくーとともに冬眠生活。
というわけで、ということでもないのですが、我が家はただいま夫婦二人して冬ソナにはまってます。
今になって見るかね、とも思うのですが、「由」の中国語仲間から中国語版冬ソナVCDを借りたのと、今NHKで完全版とかっていうのを放送してるのとで、二人して朝から一日冬ソナ見続けてます。
一応二人一緒に見てることは見てるんだけど、「由」は中国語のVCDを見ていて、「よ」は日本語字幕のを見るというパターン。
中国後版と日本語字幕版とを交互に見ているので、結局はほとんど2回見てるのと同じ状態。
そして二人して「それはないだろー、どうしてすぐ居場所がわかるんだ、その携帯はGPS機能付きか??」とか「性格悪すぎ~」なんてぎゃぁぎゃぁいいながら楽しんおります。

でも、おもしろいよね。続きが気になってついつい見てしまう。
一日テレビを見てると何もできませんが。

冬ソナの中国語はわかりやすいので助かります。
この間まで見てた「兼職警察」という香港のドラマ(もちろん広東語のはわからないので北京語吹き替え+北京語字幕付き)はセリフが多いし早いしでかなり苦労しました。
おまけに主人公がエディマーフィーみたいな人で喋る、喋る。
それに比べると冬ソナはセリフが少なくってじっくり字幕も読めるので、初心者向き。
勉強になるんだよね、ドラマや映画って。
朝からずーっと中国語のドラマを見てると結構頭の中が中国語になります。

ちなみに冬のソナタは中国語で冬日恋曲。ソナタ=恋曲なのね。

20041229

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2004/09/07

有点儿緊張

ものすごい台風がまた来てるようです。神戸のメリケンパークが水没してる影像がテレビで流れてました。九州の方はもっと被害がすごいみたい。
今年は西日本、ほんっとに台風が多いです。

話は変わって、今日火曜日は作文(短い日本語を中国語に翻訳します。)の授業の日。
実は、今日から先生が変わりました。新しい先生はちょっと年配の昔ながらの先生、といった感じの先生。
今まで習った先生はどの先生も比較的年齢的に「由」と近い人ばかりだったので、なんだか緊張でした。
作文の前の先生はとってもフレンドリーなやさしい先生だったので、突然の先生の交代にはみんなドキドキものだったのです。
でも、やっぱりいろんな先生に習うのはいいことだね。
例えば先生の発音にしても、標準語は標準語でも出身地によってやっぱり微妙に違う。
今度の先生は北京出身なので、ちょっとくるくる巻いたような北京っぽい発音。
実は「由」案外この北京発音の聞き取りが苦手。
なので、これはいい機会と思ってしっかり聞けるようになればいいなと思ってたりします。
新しくみんなの苦手な会話の練習も取り入れて貰ってるし。
先生が変わっていい意味で緊張しながら、気持ちも新たにがんばろっと。

20040907.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/06/28

哈利・波特

ハリー・ポッターとアズバガンの囚人の公開でまたまたハリポタブームのようです。
実は結構好きなのです。ハリポタ。
1作目と2作目のVCDも持ってるし、本も持ってます。中国語版だけど。
昨年の冬(くーが来る前)北京にお買い物ツアーに行ったときに、まとめて買ってきました。計5冊。
ここで、ん?5冊?と思ったあなたは、ハリポタに興味がある人。
変ですよね。去年の冬の時点では4作目までしかでてないのに。(ちなみに現時点では日本では5作目はまだですが、中国ではもう出てます。)
なんと、中国では「ハリーポッターとチャイナドール(磁器の人形)」という話が出てるんです。
見つけたときは正直いって「ほんまにええんかい?これって??」と思いましたよ。
作者はもちろん中国の作家。内容がまたいい。あらすじ紹介をよんだだけなんだけど

ハリーがヴォルデモードの中国の弟子の黒魔法使いを追って船で中国にやってくる途中、その船で雑技団の団員の龍龍と星星に出会う。
実はこの二人も魔法使い。3人で力をあわせて黒魔法使いの呪いによって磁器の人形に姿を換えられた天使を見つけ出し、満月の夜にその呪いをとき、そして泰山の頂上で黒魔法使いと戦う・・・・

という、摩訶不思議なお話。
雑技団に泰山っていうのがいいよね。

今年の夏は中国に行く予定なので、ハリポタの5作目を買ってくるぞ。
中国版ハリポタの第2作目なんてのも出てないかな。

今日も蒸し暑いのでクーラーの効いた部屋でくーはお昼寝。

20040628.jpg

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2004/06/08

春だね。

今日火曜日はは「由」の中国語の勉強の日。火曜日は「作文」ということで、短い日本語を中国語に訳す勉強の日。
こういうのって、案外日常の中でよく使う短い言葉ほど訳しにくかったりする。
今日は「春だね。」これが誰も訳せなかった。
いやはや、語学ってこんなものです。

今日は、朝はとっても暑い中のお散歩。夕方は一転してとっても涼しい中で快適なお散歩。
かわりやすい天気です。

今日の写真は「春だね。」のくー。春だね、中国語では「春天了。」でした。

20040608.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2004/06/01

柯基犬

コーギーを中国語で書くと「柯基犬 」になるそうです。コーギーという音にそのまま漢字をあてた音訳らしい。
しっぽつきコーギー仲間楽ちゃんのサイト「楽的空間」から教えてもらいました。
この「楽的空間」すごいよ。日本語と中国語のバイリンガルサイトなのだ。
中国語に興味のある方はぜひぜひご覧あれ。
楽ちゃんは、まだ2か月の子犬ちゃん、飼い主さんがブリーダーさんに「しっぽは切らないで。」とお願いして残してもらったそうです。
しっぽつきコーギー、増えてきてるよね。
さすがにまだペットショップではしっぽつきの子は見たことがないけど、いずれ見られるようになって欲しいものです。
今日の写真は、1カ月のころのくー。
福島のブリーダーさんのところまで会いに行ったときに撮ってきました。1か月ですでに耳はしっかり立ってました。
ああ、こんなに小さくて可愛かったんだ・・・ 犬の成長は猛スピード。
今でも可愛いけどね。もちろん。

20040601.jpg

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2004/05/11

「ぼくは帰れない」

今日火曜日の授業は作文。日本語の短い文章を中国語にする。
今日の問題の中に「彼は新聞で野球のニュースを読むだけです。」というのがあった。
この文章をどうとるか。
その1)「あの人ゆうたらほんまにいっつもごろごろして、新聞で野球のニュース読んどうほかはなんもせえへんわ。」
その2)「毎月、毎月3980円もはろとうのに、あのひとが新聞で読むんゆうたら野球のニュースだけやわ。」
さて、どちらととるか。
ちなみに「由」は後者と考えた。でも文法上正しいのは前者かもしれない。後者の場合は「彼は新聞では野球の」と「は」が入るのが正しいのかもしれない。
でも、ぱっとこの文章を見ると後者にとっても不思議じゃないんだよね。
日本語って難しい。
そんなことがあった今日の授業の帰り、同じクラスの人が「木綿のハンカチーフ」」の話をした。
「恋人よ〜ぼくは旅立つ〜」というあの歌。
最後の最後の歌詞は「ぼくは帰れない。」なのだ。「ぼくは帰らない。」ではなく。
「れ」と「ら」」のたった一文字の違い。
でも、ここは「帰れない」ではなくてはいけない。「帰らない」じゃなくて「帰れない」なのだ。絶対に。
うーん、日本語は奥が深い、と感じた日でした。

くーの狼爪もすっきりなくなった後はいい感じ。ピンクの包帯も今朝自分で取ってしまって、なんだかパワー全快で部屋中をものすごい勢いで走り回っておりました。
療養生活もそろそろ終了かな。

20040511.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|