« 初アジレポその1 | トップページ | 久しぶりに »

2006/06/23

初アジレポその2

昨日に続いてレポその2。

今日は2走目のBAGであります。
1走目はどうしようかと思うくらい緊張したけど、なにはともあれ初めての1走を経験して、2走目は緊張も随分ましになりました。
コーギーのココちゃんのママとおしゃべりしてたら、BAGのコースができあがって、見分となりました。
コースの中に出て行くと・・・
ん?なんだかきれいなコースだな。
あれ?トンネルがこんなにきれいなU字に曲がってるぞ。ん???
想像もしなかったコースができあがっておりました。

まずハードルが3つきれいにまっすぐ並んで、その先にトンネル、なのですが、なんと2番ハードルの右横にもうひとつのトンネルのU字に曲がったトンネルがあって、それが3番なのでした。
つまり、2番を飛んだら90度右に曲がって、トンネル、トンネルでたら、ハードルを1つとんでまたトンネル。
そのままぐるーっと、Aフレームやドッグウォークもまわって(今度は1走目の反省をいかして、ひとつづつ抜けのないようにコースをきちんと見ていきます。)またもとの2つめ目のトンネルのところに戻ってきて・・・
トンネル抜けて、ハードル1つ飛んで、そして再びのU字のトンネルなんだけど、入り口がこんどはなんと向こう側からになってるでないの。
これには、みんなビックリで見分のときに「え??どっちから入るの??番号カードはこっちになってるけど・・・間違いじゃない??」と一時騒然。
確認をとったら、やっぱり帰りは奥からということで、みんなどうハンドリングするかとあれこれ言いながら悩んでます。
これは確かに悩みます・・・・「手前の入り口を塞いで、奥に入れるようにするんだ。」という声が聞こえて、うーん、なるほど、と思いながら問題は果たして、くーに追いついて入り口をふさげるか?なのです。
いや、それよりもっと前に、1、2とハードル飛んで、右横の3番トンネルに入れられるか??
これはどーすればいいの、のまま見分終了~。

スタートは今度は早くて、4番スタート。
スタート地点でワンワン吠えて今にもコースに飛び出さんばかりのくーを抱きかかえて必死で押さえながら、名前のコールとともに、コース入ろうとしたら、先生が「くー!」と。
「はい!」とあわてて答えると
「コンタクトは飛ぶんだろ。ふまないんだろ。」
「はい!、飛びます!」(まだ一度もコンタクトの練習してません。)
「よし。それでいいから早め早めに指示を出していけ。」
と、スタート直前にアドバイスを頂きました。

さて、今回も待てはできず同時スタート。
1、2とハードル飛んで、右にくーを呼んだらみごとに3番トンネルに入ってくれた!(あとでビデオ見てもなぜ、ここでちゃんとトンネルに入ってくれたのかわかりません~。)
そのまま順調にAフレームもあがってくれて(1週間前の練習では最後、目の前にあったAフレームもみごとに無視してくれたので、ここもドキドキでした。)Aフレームの先のハードル飛んで、そこでまた急カーブに引き戻してドッグウォークへ(ここもあとでビデオでみたら、かなーりオーバーランしてて、随分遠くまで走ってしまってたけど、それでも戻ってきてくれた。飼い主の呼び戻しが遅すぎたということですね。)そして、ぐるっと戻って問題の15番トンネル。
もう、何がどうなったのかはっきり言ってまったく覚えてません。
どうやら、偶然に飼い主がトンネルの片方の入り口をふさぐことができたようです。
みごとに正しい方からトンネルに入ってくれて、無事ゴール!

予定どおりコンタクト2つ飛んで、さらにハードル1本落として、失敗3だったけど、そんなことはどうでもよくて、とにかく感激しました。
感激してくーを抱きしめて大喜びでした。
くーと何かやって、こんなに「やった!!」と感動したのってもしかして初めてかも。
そりゃ、いろんなことがひとつづつできるようになったときは、それはそれでもちろん嬉しかったんだけど、またそれとは違った喜びでした。

終わってみれば、1走目失格、2走目ノーミスではもちろんないけどなんとか完走。
そういえば、ディスクの大会も初参加のときは、1Rは0ポイントだったっけ。
ドキドキの初の初アジだったけど、参加したよかった。
くーといっしょに走れてよかったです。

そうそう、BAGの時のMCはなんとしつけ教室でお世話になってるI先生でした。
1カ月に1回もいかないしつけ教室なので、久しぶりにお会いしました。
走ってるときはまったくMCの声は聞こえなかったけど、、家に帰ってビデオを見てみたらI先生が問題の15番トンネルのところで「ママ~、がんばって~!!」とマイクを通して声援をおくってくれてるのがしっかり聞こえました。

BAGを走ったあと、しばらくしてウィルくんのところのタープへ遊びに行ったら、JOPのお手伝いメンバーの呼び出しが。
なんせ今回初参加なので、まさかお手伝いメンバーに名前がのってるとは思わず、プログラムの最後にあったお手伝い表をみて「へ~、こんなふうに一覧になってるんだ。あ、ウィルパパジャッジだって、すごいなぁ。」なんて「よ」と話ていたものの、まったく自分の名前には気がついていなかったのでした。
名前を呼ばれてあわてて確認すると、しっかり自分の名前が。
今回は初めてということで、リード係。リードの受け渡しです。
コースの後ろでいろんなわんちゃんの走る姿を見るのは楽しかったし、勉強にもりました。

さて、さて、長くなったので、まだいろんなことがあったのだけど、とりあえずはこれにて終了。
実は、明日は久しぶりのディスクの大会、朝霧高原に行ってきます。

写真は、BAGのコース全景であります。スタートは右奥。きれいに曲がったU字トンネルもわかるかな。

20060623


|

« 初アジレポその1 | トップページ | 久しぶりに »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。