« 北海道旅行記 その4 海は広いな大きいな | トップページ | ちくわちゃんとめんまちゃん »

2005/09/16

投げ練とうむむ・・・な話し

朝、くーのお腹の調子を心配しつつもそろそろパワーが充電されてきて遊べモード全開なので、かばんにフリスビーを6枚もつめこんで公園に出かけた。
目的は、飼い主がフリスビーの投げ方を練習するため。
実は足の骨折もそろそろいいかなという感じなので、ちょびっと大会などに出てみようかなと計画中。
そのためには、なんといっても飼い主がまともにフリスビーを飛ばせるようにならなくてはいけません。
公園で6枚のフリスビー(我が家にあるハードタイプをすべてかき集めた)を投げる。
くーは最初の1枚をとるだけ。くーが1枚くわえてるすきに次々投げる!
くーはどんどん飛んでくるフリスビーに喜んでキャッチするぞ、とはりきるものの1枚くわえてるので結局あきらめてワン!と文句言っておりました。
6枚連続投げを4回くらいしたけど、うまく飛ばないね。もっと1投げづつ丁寧に練習しなくちゃね。

夕方は公園はいいかなと思いつつも、ご近所一周散歩にもあきてきたので、結局また公園に行ってしまう。
でもさすがにフリスビーは本日もう終了だけど。
みんなの顔を見にいったら、なんとヒート中の子を連れてきてる飼い主さんがいた。
当然男の子は寄っていくので、飼い主さんは抱っこして保護。
それでも気になる男の子。(そりゃとーぜん)
結局男の子の方の飼い主さんが気をつかって帰っちゃった。

よっぽどヒート中の子は公園に連れて来ない方がいいよ、と直接言おうかとも思ったけど、相手は話もしたことのない飼い主さん(多分。)
でもって、確かにヒート中の子をみんなの中に連れてくる飼い主さんもちょっとなぁ、と思うけど、それを言うならケンカっぱやくてワンワンうるさくて体は小さいくせに態度はデカイ犬をみんなの中で遊ばせるのも、ある意味非常識か、と思って結局なにも言えずにその場をさったのでした。

20050916


|

« 北海道旅行記 その4 海は広いな大きいな | トップページ | ちくわちゃんとめんまちゃん »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。