« 内蒙古日記その1(仮) | トップページ | 内蒙古日記その2(仮) »

2004/08/08

お留守番2日目

昨晩はサッカーをひやひやしながら見ていた。というよりは、北京を経由して旅をしてくる由の安全が確保できるのかどうかが心配だったという所。コギ仲間のyueさんも、明日から中国へ旅するそうだが、何よりみんな無事で行ってきてほしいと願う。

朝6時半頃、近所をウォーキングの散歩。昨日ほどではないにせよ、歩みは妙に遅い。後ろをふり返る回数も昨日より減ったが、やっぱり由を探している。分離不安か?うーむ、完全に朝から晩までのお留守番は水曜と木曜の予定だが、私の散歩スタイルに少し慣れてくれるだろうか。お散歩後、家で舌が出るまでキャッチ&リターンで遊び、休憩後朝ごはん。

8時になって月末のツーリングに向けた準備を埼玉県のバイク置場に車で向かう。既に都内を離れている人も多いせいか、道は空いていた。ほぼ1年ぶりに動かすエンジン。当然なのだがアイドリングが安定せず、キャブのピックアップも悪い。バッテリは自宅で満充電を確認済だ。チョークをひきっぱなしでないとエンジンが止まる。うーむこれは旅立つ前に整備にださないとダメかもと思い、とりあえずオイル回りだけチェックして帰路へ。帰りは少々混み始めていたが、練馬のバイク用品ショップで昨年使い切ってしまったパンク修理キットを購入し、家の近くにあるバイクショップに寄って整備の予約をし、帰宅。

97年式のこのバイクはオフロードバイクで通算12台目。由のバイクも同じ場所に置いてあるが、既に5年位動かしていない。私は距離を走る時は1度の旅で3~5000kmを走る。ロング専門なのも、新宿生まれの新宿育ちから都内を走る事がウレシクないという気持ちの反動だろう。もっぱら長距離を1週間以上かけて走るツーリング専門。まあ若い頃は日帰りや1泊程度もしたが、バイクが自由に置けない住環境になってからは、気合を入れてさあ旅するぞ、という時だけになり、旅に出られて年に1度という事になってしまう。年々走る期間・距離が減っていってしまう。たまにしか乗らない分、仕方がない、とりあえずちゃんと整備をしよう。

くーは「寝てましたー」とばかりに伸びをして、しっぽブンブンで迎えてくれた。外は昨日に比べて強烈な日差しが降り注いでいる。これは夕方になっても地面が暑いだろう。少し遊んでやる。

夕方は1時間ほどうろうろ歩くが、帰り際、小鉄&小豆のパパとママに会う。マルクママといい、皆由の留守中のくーの散歩を心配して暖かい言葉を私にもくれる。くーを飼ってから、由がとても多くの人と知り合いになり、しっかりコミュニティができている事は、とても嬉しく感じている。妻は阪神大震災を経験している事から、近所付き合いというものが難しい東京の生活の中で、くーがくれた何よりも変えがたいものだと前に言っていた。確かにその通りだと思う。感謝してもし足りない。くーありがとうな。今晩はデザートをあげよう。

写真はマンションの敷地内で誰もいない入口を向いて座り混んでしまうくー。由を探しているように思えるが…

20040808.jpg

|

« 内蒙古日記その1(仮) | トップページ | 内蒙古日記その2(仮) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お留守番2日目:

« 内蒙古日記その1(仮) | トップページ | 内蒙古日記その2(仮) »